メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 町の行政 > まちの計画 > 都市計画 > 都市計画マスタープラン

都市計画マスタープラン

更新日:2022年4月4日

都市計画マスタープランとは、都市計画法第18条の2に定める「市町村の都市計画に関する基本的な方針」のことです。

都市計画法上、都市計画は都道府県知事の定める都市計画および市町村の定める都市計画に分けられています。

市町村が定める都市計画(地区計画、特別用途地域など)は、都市計画マスタープランに即して定めることになっています。

2022水巻町都市計画マスタープラン

水巻町では、平成11年3月に都市計画マスタープランを策定し、適正な土地利用の誘導をはじめ、道路や公園等さまざまな都市基盤の整備を図ってきました。その後、「水巻町まち・ひと・しごと創生総合戦略」(平成28年3月)や「第5次水巻町総合計画」(平成30年3月)等の計画を策定しつつ、平成30年3月に既存の都市計画マスタープランとして見直しを行いました。

また、国では、都市計画に関連した「景観法」の制定や「まちづくり三法(都市計画法・中心市街地活性化法・大規模小売店舗立地法)」の見直し等が行われ、福岡県では「北九州都市圏 都市計画区域の整備、開発および保全の方針」(令和3年4月30日告示)を策定しており、都市計画マスタープランとの整合等も必要となってきました。

一方、近年の本町を取り巻く社会情勢は、人口の減少、少子高齢化の進行、厳しい財政状況、自然災害や環境問題への対応等がさらに求められる中、「第2期北九州都市圏域 連携中枢都市圏ビジョン」(令和3年度)の策定により、近隣市町との協働と連携への対応等が急務となっています。

このように、社会情勢の変化への対応とともに、上位・関連計画の策定を踏まえ、今回既存の都市計画マスタープランについて一部見直しを行うものとなりました。

一部見直しについては、既存の都市計画マスタープランにおける町民の意向を反映した新たなまちづくり方針を踏襲するとともに、既存の都市施設を有効に活用しながら、今後とも人々が住み良いまちづくりを目指していくものとします。

目標年次

本計画は、平成30年(2018年)を基準年次とし、10年後の令和10年(2028年)を中間年次、20年後の令和20年(2038年)を目標年次とします。

2022水巻町都市計画マスタープラン(PDF版)

 2022hyousi.png

 

ファイルの閲覧方法

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページの担当部署

建設課 都市計画係
電話番号:(代表)093-201-4321