音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

水巻町のあゆみ

最終更新日:2018年9月30日

主要事業年表

西暦 和暦 水巻町の主なできごと
1871年 明治4年 廃藩置県、水巻人口2,645人
1873年 明治6年 嘉穂・穂波に百姓一揆起こり、水巻一帯余波を被る
1874年 明治7年 えぶり小学校創立
1875年 明治8年 立屋敷・上二・吉田小学校を創立
1884年 明治17年 立屋敷に戸長役場を置く
1885年 明治18年 立屋敷・上二・吉田小学校を廃止し、下二尋常小学校を創立
1886年 明治19年 立屋敷に巡査駐在所を設置
1887年 明治20年 鹿児島本線開通
1889年 明治22年 「水巻村」村制施行、村役場を立屋敷に置く、 村会議員13人、水巻人口3,061人
1897年 明治30年 水巻火葬場設置
1899年 明治32年 水巻伝染病院設置
1900年 明治33年 吉田に巡査駐在所設置
1903年 明治36年 遠賀川大洪水(水巻一帯浸水)
1906年 明治39年 遠賀川改修工事にかかる
1908年 明治41年 鹿児島本線複線となる
1911年 明治44年 八劔神社に霊樹碑を建立、遠賀郡誌刊行
1913年 大正2年 立屋敷巡査駐在所えぶりに移転
1914年 大正3年 河守神社再建
1916年 大正5年 全村に電灯つく
1917年 大正6年 遠賀川改修工事竣工
1919年 大正8年 遠賀郡消防義団結成
1920年 大正9年 国道開通
1921年 大正10年 高松炭礦開坑
1922年 大正11年 頃末信用組合設立、えぶり伊豆神社再建
1923年 大正12年 水巻村婦人会結成
1924年 大正13年 遠賀川橋完成、水巻消防組結成
1928年 昭和3年 頃末にえぶり小学校の分校ができる
1929年 昭和4年 水巻郵便局開局(吉田)
1931年 昭和6年 立屋敷遺跡、名和洋一郎により発見
1932年 昭和7年 頃末・水巻信用組合合併して、水巻信用購買販売利用組合を創立、 猪熊西瓜市場に出始める
1933年 昭和8年 水巻村役場頃末に移転
1934年 昭和9年 日本炭礦設立(三好砿業を買収)
1935年 昭和10年 頃末公会堂落成、頃末・二間産業道路完成
1936年 昭和11年 えぶり小学校頃末分校を頃末尋常小学校として校名変更
1938年 昭和13年 頃末郵便局開局、高尾・梅ノ木・高松・片山に巡査駐在所を設置
1940年 昭和15年 「水巻町」町制施行、頃末小学校焼失、国勢調査人口24,740人、 立屋敷遺跡を東京・九州の考古学会で発表、 日本炭礦中央病院新築、都市計画区域決定
1941年 昭和16年 尋常小学校を国民学校と改称、太平洋戦争突入
1943年 昭和18年 水巻農業会(戦後水巻農協)を創立
1945年 昭和20年 役場焼失、第二次世界大戦終結、 国勢調査人口20,492人
1946年 昭和21年 農地改革実施
1947年 昭和22年 水巻中学校創立、新憲法施行、地方自治法制定
1948年 昭和23年 水巻町農業協同組合設立
1949年 昭和24年 水巻町信用組合設立、水巻公民館設置、 水巻町警察署設置
1950年 昭和25年 町制施行10周年、地方税法施行、 国勢調査人口31,386人、水巻町役場庁舎新築、 若松市営バス水巻町乗り入れ
1952年 昭和27年 水巻町教育委員会発足、水巻町立水巻高等学校開校
1953年 昭和28年 遠賀川大洪水、頃末・垣添町営住宅建設開始
1954年 昭和29年 遠賀信用金庫設立、水巻町警察署廃止、下二町営住宅建設開始
1955年 昭和30年 遠賀川大橋開通、町民会館落成、国勢調査人口32,245人、 えぶり小学校猪熊分校を猪熊小学校として創立
1956年 昭和31年 樋口郵便局開局
1957年 昭和32年 二町営住宅建設開始、 水巻中学校南分教場を水巻南中学校として創設
1958年 昭和33年 公民館結婚式始まる(500組)
1959年 昭和34年 町立第一保育所開所、日本炭礦野球部都市対抗野球大会に出場、 東京大相撲水巻場所開催
1960年 昭和35年 町制施行20周年、 国勢調査人口34,927人、猪熊町営住宅建設開始
1961年 昭和36年 国鉄水巻駅開業、新国道3号線開通、下二小学校火災
1962年 昭和37年 母子寮開設、町水道事業開始、水巻町誌発行
1963年 昭和38年 遠賀保健所設置、水巻町立水巻高等学校廃校、 中間市外遠賀郡四ヶ町環境衛生施設組合設立
1964年 昭和39年 福岡法務局水巻出張所開設、遠賀郡農業協同組合発足
1965年 昭和40年 町立第二保育所開所、水巻消防署発足、国勢調査人口30,935人
1966年 昭和41年 日本炭礦第一砿業所閉鎖
1967年 昭和42年 みずほ団地建設開始、吉田工業団地造成開始、住民基本台帳法施行
1968年 昭和43年 吉田団地建設開始、芦屋町外三ヶ町環境衛生施設組合設立
1969年 昭和44年 学習等供用施設・町立第三保育所開所
1970年 昭和45年 町制施行30周年、スポーツ少年団結成、美吉野団地造成開始、国勢調査人口26,977人、過疎地域指定、遠賀郡岡垣町外三ヶ町伝染病院組合設立
1971年 昭和46年 日本炭礦閉山、遠賀郡消防組合設立、遠賀郡遠賀町外四市町村火葬場組合設立
1972年 昭和47年 水巻町マスタープラン決定、水巻町立水巻中学校移転完了、猪熊工業団地造成
1973年 昭和48年 水巻勤労者体育センター建設、水巻町土地開発公社設立、農振地域指定
1974年 昭和49年 老人憩いの家建設、高松団地建設開始、下二小学校を吉田・伊左座小学校に分離新設、都市計画用途地域指定
1975年 昭和50年 梅ノ木団地建設開始、国勢調査人口24,377人、国土調査事業開始
1976年 昭和51年 都市計画道路決定、高松下水処理場完成、高松団地造成開始
1977年 昭和52年 水巻南中学校新築移転、鯉口団地建設開始、野間・いわぜ町営住宅建設開始、猪熊グランド完成、県営おかの台団地建設開始
1978年 昭和53年 立屋敷八劔神社大銀杏福岡県天然記念物指定、町立第二保育所新築移転
1979年 昭和54年 障害者福祉センター開設、一部事務組合を遠賀中間地域広域行政事務組合に統合
1980年 昭和55年 町施行40周年、国勢調査人口27,196人、吉田グラウンド完成、遠賀川河口堰完成
1981年 昭和56年 改良住宅建設完了(吉田・高松・鯉口)
1982年 昭和57年 町民体育館完成、御牧大橋完成
1984年 昭和59年 武道館完成、水巻駅前駐輪場完成
1985年 昭和60年 水巻町役場新庁舎完成、国勢調査人口30,062人
1986年 昭和61年 中央公民館完成、水巻第二期総合計画策定、町民のことば決定、町の木「いちょう」町の花「コスモス」決定
1987年 昭和62年 町民大運動会開始、遠賀川河川敷公園整備開始
1988年 昭和63年 上水道古賀配水池完成、JR東水巻駅開業
1990年 平成元年 総合運動公園建設開始、二団地建設開始
1990年 平成2年 町制施行50周年、町立第一保育所新築移転、過疎地域指定解除、国勢調査人口29,756人
1991年 平成3年 産炭地域振興臨時措置法10年延長、高松団地景観事業開始~12年
1992年 平成4年 吉田団地景観事業開始~6年、南部公民館完成
1993年 平成5年 ふれあい広場完成、明神ヶ辻山自然公園完成、猪熊小学校講堂完成
1994年 平成6年 過疎地域経過措置終了、地方拠点都市地域指定、ふるさと緑地完成、堀川周辺修景整備
1995年 平成7年 いきいきほーる完成、JR水巻駅南口完成、遠賀川下流流域下水道事業認可、国勢調査人口31,289人
1996年 平成8年 日蘭中学生交流事業開始
1997年 平成9年 福祉バス事業開始
1998年 平成10年 みどりんぱぁーく完成、水巻町シンボルマーク・キャッチフレーズ決定
2000年 平成12年 町制施行60周年
2000年 平成12年4月 町立第三保育所新築移転、子育て支援センター開設
2000年 平成12年9月 図書館・歴史資料館開館
2000年 平成12年10月 国勢調査人口31,623人
2001年 平成13年4月 ブックスタート制度開始、児童少年相談センター開設
2004年 平成16年4月 児童少年相談センター(ほっとステーション)新築移転、国際交流協会設立
2005年 平成17年3月 町立第二保育所廃止(吉田団地)、町立第三保育所を町立第二保育所に名称変更
2005年 平成17年10月 国勢調査人口30,679人
2007年 平成19年4月 高齢者福祉センター(サクラほーる)開設
2009年 平成21年4月 北九州市営バス南部循環線運行開始
2010年 平成22年2月 町制施行70周年
2010年 平成22年10月 国勢調査人口30,021人
2012年 平成24年4月 町立第一保育所を民間移譲
2012年 平成24年9月 中学校給食センター完成、中学校完全給食開始
2012年 平成24年10月 町水道事業を北九州市に統合
2015年 平成27年10月 国勢調査人口28,997人

 

企画課 広報係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ