メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 町の行政 > 選挙 > 参議院議員通常選挙のお知らせ

参議院議員通常選挙のお知らせ

更新日:2022年6月20日

第26回参議院議員通常選挙が7月10日に行われます。

投票日当日は、投票所が混雑することが予想されますので、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、期日前投票の積極的な利用をお願いします。

なお、投票日当日の11時から13時頃の間は、混み合う傾向があります。

  • 投票日時(当日投票):令和4年7月10日(日曜)7時から20時まで
  • 投票場所についてはこちら※郵送された投票所入場券に、該当する投票所が記載されています。

投票できる人

投票できる人は、選挙人名簿に登録された下記の2つの条件いずれにも該当する人です。

  1. 日本国籍を持ち、平成16年7月11日までに生まれた人。
  2. 水巻町に3カ月継続して住民票がある人は選挙人名簿に登録されて、水巻町で投票ができます。

※令和4年6月6日以降に町内転居の届出をした人は、転居前の住所地に該当する投票所で投票してください。


投票に必要なもの

投票の際には、郵送された投票所入場券が必要です。
公示日(令和4年6月22日)までに一人一枚郵送されますので、投票の前に、入場券に記載された投票所を確認してください。なお、入場券が届かなかった人は、投票のときに「健康保険証」や「運転免許証」などの本人確認書類を持って、投票所の受付に申し出てください。手続き後に投票することができます。



投票は2種類

投票は、参議院福岡県選出議員選挙、比例代表選出議員選挙の2つがあります。
投票の方法については、こちらを確認ください。


候補者情報

候補者情報は、下記リンクの福岡県選挙管理委員会ホームページよりご覧ください。

投票所における新型コロナウイルス感染症対策について

今回の選挙では、有権者の皆さんが安心して投票できるよう、投票所における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を、以下のとおり実施します。

  • 期日前投票所を含む全ての投票所において、出入口に消毒用アルコールを設置します。
  • 投票所の職員は、マスクを着用し、手洗いと手指のアルコール消毒を励行します。

感染拡大防止対策として、有権者の皆さんにも、以下のご協力をお願いします。

    • 来場の際は、マスクの着用をお願いします。
    • 来場の際の手指のアルコール消毒、投票所内の咳エチケットにご協力ください。(注1)
    • ご自身で筆記用具(鉛筆・シャープペンシル)を持参いただいても構いません。(注2)
    • 並ぶ際には、一定の間隔を空けるようお願いします。なお、投票所内の混雑状況によっては、入場までに時間を要する場合がありますのでご理解ください。
    • 投票所に子どもを同伴する場合、子どもの感染予防などに十分ご留意ください。

(注1)アレルギーなど、アルコール消毒が困難な人は、係員までお申し出ください。
(注2)鉛筆、シャープペンシルを推奨しています。(投票用紙は樹脂でできており、乾きにくい性質があります。ボールペン、水性ペンなどでは、インクで他の投票用紙が汚れたり、文字がにじんだり、投票用紙同士の接着の恐れがあります。ただし、鉛筆以外の筆記用具を拒否するものではありません。)

 

期日前投票

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、投票日当日の投票所における混雑を緩和するため、期日前投票をぜひご活用ください。なお、「感染予防」を理由とした期日前投票ができます。また、投票日当日に仕事、レジャーなどの予定がある人も、期日前投票ができます。

    • 投票場所:水巻町役場101会議室(期日前投票所はこちら
    • 投票期間:令和4年6月23日(木曜)から令和4年7月9日(土曜)まで
    • 投票時間:8時30分から20時まで

第26回参議院議員通常選挙 期日前投票者数(後日公開)
(参考)令和元年7月参議院議員通常選挙における期日前投票所日別・時間別投票者数[PDF]

 

投票済証について

期日前投票所や指定された投票所で、選挙人が投票済であることを証するものとして、希望された人に投票済証を交付します。投票した際、投票管理者に申し出てください。

 

代理投票・点字投票

身体の障がいなどで字を書くことができない人は「代理投票」を、視覚障がいのある人は「点字投票」をすることができます。投票の秘密は固く守りますので、お気軽に投票所の係員に申し出てください。


不在者投票

旅行や出張などで、水巻町で投票日当日の投票や期日前投票ができない場合は、郵送で不在者投票ができます。また、入院中の病院や入所中の老人ホームなどが不在者投票の指定施設になっている場合は、その施設で不在者投票ができます。
不在者投票ができる施設かどうか、また不在者投票の具体的な手続きなどについては、各施設の担当者に問い合わせてください。

宣誓書兼請求書ダウンロード
不在者投票宣誓書兼請求書 [PDF]
不在者投票宣誓書兼請求書(記入例)[PDF]

滞在先での不在者投票

手続きの流れ

          1. 不在者投票用紙等の請求書兼宣誓書を、選挙人名簿登録地の選挙管理委員会へ提出します。(郵送または持参)
          2. 選挙人名簿の登録が確認されると、後日、不在者投票用紙等が郵送されてきます。
          3. 届いた不在者投票用紙等を持って、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票を行います。
          4. 不在者投票を終えた投票用紙は、滞在先の選挙管理委員会から選挙人名簿登録地の選挙管理委員会へ郵送します。 

必ずこちらを確認ください

          • 「不在者投票請求書兼宣誓書」は、必ず本人が自書してください。代筆での請求はできません。
          • 不在者投票は投票日前日まですることができますが、不在者投票期間までに不在者投票用紙等が到着しない場合は、投票することができません。郵送の日数などを考慮し、早めに不在者投票用紙等の請求をしてください。
          • 不在者投票ができる期間・時間は地域ごとに異なります。滞在地の選挙管理委員会にあらかじめ確認してください。
          • 投票用紙と一緒に送付される「不在者投票証明書」を開封すると投票できなくなります。開封せずにそのまま滞在先の選挙管理委員会へ持参してください。また、投票用紙にあらかじめ記入をすることはできません。記入していると無効になりますので注意してください。
          • 投票しなかった場合は、ただちに水巻町選挙管理委員会に不在者投票用紙等を返還してください。 

郵便による不在者投票

 郵便投票が認められるのは、身体障害者手帳、介護保険被保険者証、または戦傷病者手帳を持っている選挙人で、範囲が決まっています。また、前もって証明書の交付を受けておかなければなりませんので、事前に選挙管理委員会への問い合わせが必要です。
詳しくは、こちらをご覧ください。


特例郵便等投票

特例郵便等投票とは、新型コロナウィルス感染症で、「自宅療養」または「宿泊療養」している方を対象に、投票用紙等の請求時点で、外出自粛要請または隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示または告示の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方が郵便等による不在者投票をすることができる制度です。

特例郵便等投票の流れ

  1. 選挙期日4日前までに、感染症法または検疫法による外出自粛要請または、検疫法による隔離・停留の措置にかかる書面(以下外出自粛要請等の書面)を添えて、選挙管理委員会へ投票用紙等の請求をしてください。請求書に必要事項を記載の上、郵送(ポスト投函)または代理人の方が持参してください。また、郵送の際は、受取人払の表示を封筒に貼付してください。
  2. 選挙管理委員会から本人宛に投票用紙等を交付します。
  3. 投票用紙に候補者名を記載してから、投票用紙を内封筒に入れ、さらに外封筒に入れて封をしてください。その後、外封筒の表面に、投票した年月日と場所を書き、署名してください。
  4. 投票用紙等は選挙管理委員会へ郵送(ポスト投函)してください。

請求書および投票用紙等の送付にあたってのお願い

  1. ファスナー付きの透明のケース等に入れて郵送してください。(ファスナー付きの透明ケース等が入手困難な場合は、自宅にある透明のケース、袋等に入れてテープ等で密封し、表面を消毒してください。)
  2. 同居人等へ封筒を渡す場合は、接触しないようにしてください。(忘れずに速やかに投函してください。)
  3. 同居人等は、必ず作業前後にせっけんでの手洗いやアルコール消毒をするとともに、マスクの着用およびビニール手袋の着用をしてください。
請求用紙等ダウンロード
特例郵便等投票請求書 [PDF]
特例郵便等投票請求書(記入例) [PDF]
受取人払郵便物の表示の書式[PDF]
特例郵便等投票について(総務省サイト)





ファイルの閲覧方法

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページの担当部署

選挙管理委員会
電話番号:(代表)093-201-4321