音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

マイナンバー通知カード

最終更新日:2018年9月30日

通知カードは、住民票に記載されている住所の世帯主あてに簡易書留で届きます

出生届や国外からの転入届などで、初めて住民票に登録された人は、マイナンバー(個人番号)が住民票に登録されます。

住所地の市町村からマイナンバー通知カードが世帯主宛に簡易書留郵便で送付されます。

通知カードは、行政手続きや「マイナンバーカード」の交付申請のときに必要になりますので大切に保管してください。

通知カードは紙製のカードで、氏名・住所・生年月日・性別の4つの情報とマイナンバー、通知カードの発行日が記載されています。顔写真付きではないため、本人確認のときには顔写真つきの本人確認書類が別途必要になります。

通知カードには、有効期限はありません。
ただし、「マイナンバーカード」の交付を受けるときには「通知カード」の返却が必要です。

 

赤ちゃんの通知カードは、出生届から1か月程度で郵送されます。

転居などで郵便局の転送サービスを利用している場合でも、通知カードは転送することができません

通知カードが届かない場合は、住所地の市町村に連絡してください。

通知カードは大切に保管してください

通知カードは、マイナンバーカードの交付申請に必要です。また、マイナンバーカードの交付を受けていない場合、マイナンバー利用手続きにおいて、本人のマイナンバーを証明するための書類として役場や勤務先などへの提示が必要となることがあります。通知カードは失くさないよう大切に保管してください。

通知カードイメージ

通知カードイメージ

※平成27年11月頃にマイナンバーが記載された「マイナンバー通知カード」を年齢を問わず全員一斉に交付しています。

 

通知カードの再交付

通知カードを紛失・毀損・汚損した場合は、通知カードの再交付を受けることができます。

手続きをする窓口

役場(1階) 住民係

持ってくるもの

窓口で手続きをする人 必要な書類(身元確認書類)
申請者本人または同一世帯の人
  • 1点で確認できるもの(官公署発行で顔写真のあるもの)
    次のいずれか1点が必要
    • 運転免許証・旅券(パスポート)
    • 住基カード(顔写真あり)
    • 身体障害者手帳
    • 在留カードなど
  • 2点以上で確認できるもの(官公署発行で顔写真のないもの)
    次のいずれか2点以上が必要
    • 健康保険証・年金手帳・児童扶養手当証書・特別児童扶養手当証書・介護保険証
    • 住基カード(顔写真なし)などの氏名、生年月日または住所の記載のあるもの
代理申請の場合(同一世帯の方を除く)
  • 代理人の身元確認書類(上と同様)
  • 委任状
 
毀損・汚損した通知カード(要返納)

毀損・汚損した通知カードは返納してください。

紛失した通知カード

自宅以外で紛失した場合は、事前に警察へ遺失物届を行い、届出警察署名・連絡先・遺失物届の受理番号を控えて持ってきてください。自宅での紛失の場合は、申請書に紛失した経緯の記載が必要です。

再発行手数料

1人につき500円

交付方法

住民登録されている住所に簡易書留郵便(転送不要)で届きます。申請から配達までは2~3週間ほどかかります。

確実な受け取りをお願いします。

不在などにより、郵便局所定の再配達の受付期間を経過した場合は、住所地の役所に返却されます。返却された通知カードは、返却の日から3か月間保管していますので、事前に連絡の上、必ず保管期間内に受け取りをお願いします。受け取りには、通知カードの再交付と同じ本人確認書類が必要です。

また、勤務先への提示などで、すぐにマイナンバーが必要な場合には、マイナンバーの記載された住民票の写しを取得する方法があります。住民票の写し交付申請書に必ず「マイナンバーが必要」と記載のうえ、受付窓口で申請してください。

通知カードの記載事項の変更

引っ越しなどによる住所変更や婚姻などの戸籍届により、通知カードの記載事項(住所・氏名・性別・生年月日)に変更が生じる場合は、手続きのときに通知カードを提出してください。変更内容を追記欄に記載します。

なお、戸籍の届出など住所地の市町村以外で手続きをする場合でも、住所地の市町村の窓口で記載事項の変更届出が必要です。

 

 

住民課 住民係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

↑ページの先頭へ