音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

中学生のオランダ交流Q&A

最終更新日:2019年3月29日

オランダ中学生交流事業終了のお知らせ

水巻町では、オランダのノールドオーストポルダー市との中学生交流事業として、隔年でノールドオーストポルダー市の学生を水巻町に受け入れる受入事業、そして水巻町の中学生をノールドオーストポルダー市に派遣する派遣事業を行ってきました。しかし残念ながら、オランダ側の事務局である民間団体「日本友の会」の都合により、平成31年度をもって事業を終了します。

この交流事業が始まった当初は、ノールドオーストポルダー市と行政間で交流を行っており、わずか5年間の期限がついていました。しかし、「日本友の会」の設立、働きによって、行政から事業が引き継がれ、24年間も続けることができました。水巻町では、130人の派遣生と、延べ130家庭がこの交流に主体的に参加しました。また、町内の小中学校、また近隣の高校にもプログラムに協力していただき、さらに多くの若い世代がオランダの学生と交流することができました。

この交流がきっかけで、世界に目が向いたという参加者も多く、実際に高校・大学で留学を経験したり、海外と関わる仕事に就いたりする参加者も少なくありません。水巻町の子どもたちに大きな影響を与えた、「日本友の会」の皆さんの努力とサポートに感謝の気持ちを示したいと思います。

 

ホームステイ(派遣)について ※平成31年度で事業終了のため今後の募集はありません。

選考試験はどのような内容ですか?

第1次選考は、英語での筆記・リスニング試験・日本語での課題作文(課題名は当日に提示)
第2次選考は、日本語面接と英語による簡単な応答試験です。
試験問題や傾向についてはお答えできません。

英語が苦手なのですが?

英語はホームステイではとても大切です。しかし、英語の成績だけではなく、英語での会話を含め、どのように他の人とコミュニケーションをとるかがより大切になります。コミュニケーション能力に自信があれば、英語が苦手でも挑戦してみてください。

事前研修って何をするんですか?

オランダに行く前に、オランダの習慣・日本との違い・英会話を学びます。そのレッスンの場が事前研修です。出発前に8回程度あり、1回のレッスンは2時間程度です。

事前研修は必ず出なくてはいけませんか?

事前研修は、オランダでのホームステイを充実したものにするための大切な研修です。必ず出席してください。基本的に欠席は認められませんが、やむを得ず欠席する場合は、欠席理由・証明書などを事前に提出してください。

子どもたちだけでオランダに行くのですか?

町の職員、町内中学校の教諭などの英語ができる引率者が2人程度同行し、現地で対応します。

どんなところにホームステイするのですか?

「日本友の会」が選考したノールドオーストポルダー市内の家庭で、14歳~17歳の学生がいる国際交流に関心のある家庭の中から審査で選ばれた家庭にホームステイします。

オランダのホストファミリーとは事前に連絡は取れますか?

事前に連絡できるようにホストファミリーの情報を提供します。自己紹介やアレルギー、病気などについては事務局からホストファミリーに連絡しますが、ほとんどの派遣生はメールや手紙で個人的に渡欧前に連絡を取り合っています。

初めての海外で心配です。

ほとんどの学生にとって、これが初めての海外体験です。パスポートの取り方から、習慣の違いまで事前研修でしっかりとフォローをして、現地では「日本友の会」、引率者がきめ細やかに対応します。困ったことは現地のスタッフ、日本人引率者に何でも相談できる環境です。

ホームステイの費用について教えてください。

研修一部負担金として、8万円が必要です。

その他、パスポート取得費用・任意保険費用(希望者のみ)・現地でのおこづかい(2万円程度)が必要です。

ホストファミリー(オランダ学生受け入れ)について ※平成31年度が最後の募集です

ホストファミリーをする条件はありますか?

以下の4点が条件となります。

  • 家族が国際交流に理解のある家庭
  • 家族に中学生・高校生がいる家庭
  • 受け入れ学生を指定場所(町内)に送迎することができる家庭
  • 全日程に受け入れが可能な家庭
部屋を1部屋提供しないといけませんか?

ホストファミリーの中には、自分の子どもと同じ部屋に一緒に布団をひいて寝起きさせるという家庭も多くあり、必ずしも部屋を提供しなくても構いません。

家族のだれも英語ができないのですが。

英語のできるスタッフが常にサポートします。困ったときは何でもご相談ください。また、今までのホストファミリー経験者の中には、英語が苦手だという人もたくさんいますが、楽しくプログラム期間を過ごせたという人がほとんどです。

食事などが心配なのですが。

特別なものを用意する必要はありません。オランダの学生は普段の日本の生活を体験するために来るのですから、普段通りの食事を提供してください。今までで人気があったのは「からあげ」や「お好み焼き」などです。

どこか特別なところに連れて行ったほうがいいでしょうか?

町で1泊旅行などを企画しますので、それに参加することもできます。家庭の中で話をしたり、ゲームをしたりなど、交流を楽しむ時間をたくさん取っていただくのもいいでしょう。

仕事を休まないといけませんか?

スケジュールが合わない場合は、事前研修中に他のホストファミリーと話し合いをして、仕事の間は他のファミリーに預かってもらうなど協力しあう人が多いです。またホストファミリー経験者によるサポートグループがありますので、そこで相談もできます。

ホストファミリーの費用について教えてください。

受け入れに必要な費用は、原則としてホストファミリーに負担をお願いします。
町からは、ひと家庭につき、費用の一部として2万円を支給します。ただし、支給は受け入れ後になります。

「日本友の会」について

「日本友の会」の活動についてもっと知りたいのですが。

「日本友の会」が運営しているホームページがありますのでご覧ください。活動の写真「Foto' s」や動画なども掲載されています。

直接、「日本友の会」に連絡を取りたいのですが。

「日本友の会」のホームページの「Contact」をクリックして、メールフォームから連絡することができます。

 

 

生涯学習課 生涯学習係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ