音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

中学生のオランダ交流

最終更新日:2019年5月1日

オランダ中学生交流事業終了のお知らせ

水巻町では、オランダのノールドオーストポルダー市との中学生交流事業として、隔年でノールドオーストポルダー市の学生を水巻町に受け入れる受入事業、そして水巻町の中学生をノールドオーストポルダー市に派遣する派遣事業を行ってきました。しかし残念ながら、オランダ側の事務局である民間団体「日本友の会」の都合により、令和元年度をもって事業を終了します。

この交流事業が始まった当初は、ノールドオーストポルダー市と行政間で交流を行っており、わずか5年間の期限がついていました。しかし、「日本友の会」の設立、働きによって、行政から事業が引き継がれ、24年間も続けることができました。水巻町では、130人の派遣生と、延べ130家庭がこの交流に主体的に参加しました。また、町内の小中学校、また近隣の高校にもプログラムに協力していただき、さらに多くの若い世代がオランダの学生と交流することができました。

この交流がきっかけで、世界に目が向いたという参加者も多く、実際に高校・大学で留学を経験したり、海外と関わる仕事に就いたりする参加者も少なくありません。水巻町の子どもたちに大きな影響を与えた、「日本友の会」の皆さんの努力とサポートに感謝の気持ちを示したいと思います。

 

中学生のオランダ交流の様子

水巻町では毎年、中学生によるオランダのノールドオーストポルダー市との交換交流を行っています。次代を担う中学生が、水巻町の国際交流推進の一環として「十字架の塔」の歴史を学び、平和学習を行うと同時に、オランダでのホームステイを通じて外国人家庭で生活を共にし、オランダ国の文化や語学・生活習慣などを学び、異国文化への融和と理解を深め、将来の国際感覚を有する人材の育成を図る目的があります。

偶数年には水巻町の中学生(10名)がオランダのノールドオーストポルダー市を訪問し、奇数年にはオランダの学生(10名)が水巻町を訪れます。

学生たちは現地の家庭に約10日間ほどホームステイし、かけがえのない貴重な経験をします。

 

 

日蘭中学生交流の歴史

日蘭中学生交流は、1995年に当時の水巻町長とノールドオーストポルダー市長が相互訪問を行い、お互いの町の中学生を対象にホームステイを実施することを約束したことから始まりました。

約束の翌年1996年に第1回目の交流を開始しました。

 

日本からオランダへ オランダから日本
1996年 10人 10人
1997年 10人
1998年 10人
1999年 10人
2000年 10人 10人
2001年 10人
2002年 10人
2003年 10人

その後、毎年10人ずつ日本からオランダへ、オランダから日本へと交流は続いています。

 

生涯学習課 生涯学習係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ