音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

児童手当

最終更新日:2018年9月30日

児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな成長を社会全体で応援する制度で、中学校修了前(15歳到達後の最初の3月31日まで)の児童を養育し、主に生計の中心となっている保護者に支給されます。

対象者

中学校修了前(15歳到達後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人

支給額

所得限度額以内の場合

  • 3歳未満 15,000円
  • 3歳から小学生の第1子・第2子 10,000円
  • 3歳から小学生の第3子以降 15,000円
  • 中学生 10,000円

※第3子とは、養育している18歳以下の子ども(18歳到達後最初の3月31日までの子どもが対象)の中で数えます。

たとえば、20歳、17歳、11歳、9歳の4人の子どもがいる場合、20歳の子どもは第1子には数えませんので、17歳の子どもが第1子(手当の支給なし)、11歳の子どもが第2子(月額10,000円)、9歳の子どもが第3子(月額15,000円)、となります。

所得限度額以上の場合

  • 中学校修了前までの子ども1人につき 5,000円

所得限度額表(平成24年6月分手当から適用)

扶養人数 児童手当所得限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

※扶養親族が老人控除対象配偶者または老人扶養親族である場合は、1人につき6万円を限度額に加算します。

※扶養人数が6人以上の場合は、1人につき38万円(扶養親族が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算します。

手当の支給

児童手当は、認定請求をした月の翌月分から、6月・10月・2月の年3回、指定された受給者の口座に振り込まれます。

※支給日が金融機関の休日にあたる場合は、その次の金融機関の営業日に振り込まれます。

支給日 支給対象月
6月11日 2月分~5月分
10月11日 6月分~9月分
2月11日 10月分~1月分

 

申請手続き

出生、転入などにより受給資格が生じた場合、児童手当を受給するには「認定請求書」の提出が必要です。

児童手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から、支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。

申請先

水巻町役場1階 子育て支援課 子育て支援係(※公務員の人は勤務先)

必要なもの

  • 認定請求書
  • 請求者の印鑑
  • 請求者の健康保険証のコピーまたは年金加入証明書(国民年金加入の人は不要)
  • 請求者名義の金融機関の通帳(配偶者および児童の通帳は不可)
  • 請求者および配偶者のマイナンバーカード(個人番号カード)
    マイナンバーカードを持っていない人は、マイナンバー確認書類と本人身元確認書類 が必要です。
    詳細は、本人確認(マイナンバー を利用する手続き)を確認してください。

    場合によって(養育する児童と別居している場合など)は、その他必要書類の提出をお願いすることがあります。

    必要書類が揃っていなくても申請するようにしてください

    申請が遅れると、さかのぼって手当を受けることはできません。

    足りない書類は、後日提出してください。

現況届(毎年6月に提出してください)

6月分以降の児童手当を受け取るには現況届が必要です。

現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当を引き続き受ける要件を満たしているか確認するためのものです。提出がない場合は、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

現況届に必要な書類

  • 請求者の印鑑
  • 請求者の健康保険証のコピーまたは年金加入証明書(国民年金加入の人は不要)

場合によって(養育する児童と別居している場合など)は、その他必要書類の提出をお願いすることがあります。

届出の内容が変わったときは手続きが必要です

子育て支援課 子育て支援係に必要な書類を提出してください。

他の市区町村に住所が変わるとき

水巻町での児童手当の受給資格が消滅します。転出後の市区町村で、新たに「認定請求書」の提出が必要です。

手続きが遅れると、遅れた月分の手当が受けられない場合がありますので、ご注意ください。

児童手当などの額が増額されるとき

現在、児童手当を受けている人が、出生などにより支給の対象となる児童が増えたときは、「額改定認定請求書」の提出が必要です。 この場合、額改定認定請求をした日の属する月の翌月分から児童手当などの額が増額されますので、手続きが遅れないようにご注意ください。

児童手当などの額が減額されるとき

現在、児童手当の支給対象となっている児童を養育しなくなったことなどにより支給の対象となる児童が減ったときには、「額改定届」を提出してください。

児童手当などの支給が終わるとき

現在、児童手当の支給対象となっている児童を養育しなくなったことなどにより支給の対象となる児童がいなくなったときには、「受給事由消滅届」を提出してください。

受給者が公務員になったとき

公務員の場合は、勤務先から児童手当が支給されますので「受給事由消滅届」を提出するとともに、勤務先に「認定請求書」の提出が必要です。

養育している児童と別居するとき

「別居監護申立書」と「別居している児童の世帯全員の住民票」を提出してください。

 

 

子育て支援課 子育て支援係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ