音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

社会資本総合整備計画(道路関連)

最終更新日:2017年5月26日

社会資本総合整備計画とは、国土交通省の交付金を活用して、道路などの社会資本の整備を行うための計画です。

国土交通省は、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として「社会資本整備総合交付金」、老朽化対策や防災・減災対策などの安全確保の取り組みを支援する交付金として「防災・安全交付金」を創設しています。

社会資本総合整備計画の公表

  • 全体事業費は計画額であり、国に対して要求する予算総額の目安です。
  • 今後の社会情勢の変化や予算規模次第で、事業箇所や実施期間などを変更する場合があります。
  • 計画期間を超えて実施する事業の場合、継続して整備計画を策定し、新たな計画に位置付けることとなっています。

既存施設の長寿命化の推進(防災・安全)[PDF:740KB]

通学路における安全対策の推進(防災・安全)[PDF:602KB]

道路交通の円滑化、安全性・快適性の向上を図る市町村道整備(防災・安全)[PDF:764KB]

 

社会資本総合整備計画の事後評価

地方公共団体が事業を実施した後は、社会資本総合整備計画の目標の実現状況などについて評価を行い、公表することとなっています。

 

関連情報

 

 

Get Adobe ReaderのアイコンPDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

 

 

建設課 土木係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ