音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

大規模盛土造成地マップ

最終更新日:2018年9月30日

福岡県では平成28年度より、盛土部分が3,000平方メートル以上などの大規模な盛土造成地を把握する「大規模盛土造成地の所在調査」を行っており、調査の終了した市町は「大規模盛土造成地マップ」を作成・公表しています。

大規模盛土造成地の滑動崩落対策

阪神・淡路大震災や東日本大震災などの災害で、谷や沢を埋めた造成宅地または傾斜地盤上に腹付けした大規模な造成宅地において、盛土と地山との境界面や盛土内部を滑り面とする盛土の地滑り的変動(滑動崩落)が生じ、崖崩れや土砂の流出による被害が発生しました。

東日本大震災では、滑動崩落の被害を受けた宅地の多くは1970年代以前に造成されていて、宅地造成等規制法などの改正により技術基準を強化した2006年以降に造成された宅地においては被害が発生していません。

このことを踏まえ、既存の造成宅地について、大規模盛土造成地の有無、それらの安全性の確認(変動予測調査)、危険性が高い箇所の滑動崩落防止工事などの予防対策を早急に進める必要があります。

大規模盛土造成地マップPDF

  • 土地の造成前と造成後の地形図などを重ね合わせ、その標高差から盛土造成地を抽出し分布図として示したものです。
  • 地図の精度による誤差を含んでいるため、抽出した大規模盛土造成地はおおむねの位置と範囲を示したものであり、個々の敷地を精確に特定するものではありません。
  • マップには記載されていない、盛土の面積が3,000平方メートル未満の小規模な宅地盛土は多数存在します。
  • 地震時に危険な造成地を示したものではありません。

 

関連情報

 

 

Get Adobe ReaderのアイコンPDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

 

 

建設課 都市計画係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ