音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

広報みずまき

広報みずまき

PDF版

■まちのわだい■

朝ご飯の力は、計り知れない ~健康のつどい~

健康のつどい

8月26日、中央公民館で健康のつどいが行われました。会場では、川島隆太さん(東北大学加齢医学研究所所長)の講演会のほか、健康ブースやすまいる体操のステージイベントなどで、来場者の健康意識の向上が図られました。

メインとなる講演会のテーマは、「朝ご飯と脳のヒミツ」。講師の川島さんは、「朝ご飯を毎日食べることは、学力や体力、就職活動や年収にまで影響することが研究で分かっています」などと、朝ご飯に関するさまざまな興味深いデータを披露。時折冗談を交えながらも、研究に基づいた分かりやすい講演に、来場者は納得の表情を浮かべていました。

自分で作れば、格別の味 ~夏休み学校給食子どもクッキング~

夏休み学校給食子どもクッキング

8月24日、中央公民館で夏休み学校給食子どもクッキングが行われました。テーマは「自分で作る昼ご飯」。メニューは、ドライカレーやアーモンドサラダ、果物のヨーグルトあえなどの5種類で、どれも学校給食と同じメニューです。

調理では、栄養教諭が中心となり、子どもたちに食材の炒め方や切り方などのアドバイスをしていきます。調理が進むにつれ、調理室ではいい匂いがし始め、子どもたちは早く食べたい気持ちでいっぱいに。

調理が終わり、出来上がった料理を頬張り「おいしい」と笑顔をみせる子どもたち。自分の手で作った料理の味は、格別なようでした。家に帰ってもおいしい昼ご飯を作ってくださいね。

町づくりに学生の力を ~包括的地域連携に関する協定書調印式~

包括的地域連携に関する協定書調印式

8月31日、町と九州共立大学(八幡西区自由ヶ丘)の包括的地域連携に関する協定書調印式が役場で行われました。この協定の目的は、町と大学が協力して地域の課題に取り組み、学生の視点を取り入れながら町づくりを盛り上げていくこと。連携の具体策は、これから協議を重ね、平成30年度から本格的に始動する予定です。

美浦町長は、「若者の力は、今の水巻町が本当に必要としていたもの。この協定が町づくりにもたらす効果がどれ程になるかとても楽しみです」と、期待を伝えました。九州共立大学の奥田俊博学長も「学生にとって、学外での活動は学ぶことが多い。学生が主体的に活動することで、水巻町の素晴らしさを知り、そして広めてほしい」と思いを語り、お互いに協定への期待を伝え合いました。

中学生が音楽でひとつに ~水巻南中学吹奏楽コンサート~

水巻南中学吹奏楽コンサート

8月11日、中央公民館で水巻南中学校が主催する「Summerコンサート」が行われました。出演校は水巻南、岡垣、芦屋、遠賀南中学校の4校。初めての合同コンサートということもあってか、開場後すぐに満席となり、急きょ観客席が増席される程の大盛況でした。

水巻南中学校吹奏楽部の明るい演奏から始まり、4校全ての吹奏楽部が演奏を終え、最後には出演者全員による合同曲、吹奏楽の演奏と合唱で締めくくられました。合同曲では観客の皆さんも一緒に歌うという参加型のプログラムで、演奏を聴いて、参加して、楽しむことができる素敵なコンサートでした。

平和な世界を願う ~平和講演会~

平和講演会

8月9日、中央公民館大ホールで平和講演会が行われました。講師は長崎証言の会の山脇佳朗さん。

1945年8月9日当時11歳の山脇さんは長崎市内の自宅で被爆しました。原子爆弾投下直後の惨状や、当時の実体験を基に原子爆弾の恐ろしさを語ってくれました。

最後に講演に来ていた中学生たちに向けて「これから先ずっと日本は戦争しない国であってほしい。世界中の戦争を知らない若い世代の人たちに向けて原子爆弾の投下が過去のものとして忘れ去られないためにも、今後も講演活動を続きていきたい」と訴えかけました。

親子で遊ぼう

親子で遊ぼう

7月27日、南部公民館で「体育遊び」が行われました。子育て支援センターが主催するイベントで講師の幼児体育指導員、矢幡道子さんが体とタオルを使った運動を教えてくれます。保護者と子どもたちの元気な笑い声が飛び交う楽しい教室でした。

精霊流し

精霊流し

8月15日、遠賀川河川敷公園猪熊駐車場で精霊流しが行われました。

小雨の降る中、多くの人たちが集まった遠賀川。思いを乗せた船に向かい手を合わせ、13日に迎え入れた先祖の霊を送り出していました。

年に一度の堀川一斉清掃

堀川一斉清掃

9月3日、環境美化の日に堀川一斉清掃が行われました。当日は地元住民の皆さんと町職員がボランティアとして活動し、草やごみを撤去。きれいになった堀川を見て、地元住民の皆さんも自然と笑顔がこぼれていました。

企画財政課 企画広報係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

↑ページの先頭へ